そろそろ映画が公開されるトイ・ストーリー4

映画

今回は、トイストーリーの事について紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ディズニー映画の中でも1番好きかもしれないトイ・ストーリー

トイ・ストーリーを初めて見たのは何年前だったか忘れましたが初めて見た時からこの世界観に惹かれました。

トイ・ストーリーシリーズ(1・2・3)の中でも私が好きなのは、トイ・ストーリー1です。

トイ・ストーリー1と2で迷いましたが初めて見た時の感動がありましたので1の方を上にしました。

トイ・ストーリー3は、これが最終回になるという噂もあったり実際の内容を見ると本当に終わりそうな感じで悲しかったために1と2よりは下になりました。

そこで、今までのトイ・ストーリーについての紹介を私なりにしたいと思います。

トイ・ストーリー1

カウボーイ人形のウッディーがこの物語の主人公でリーダー的な存在でもあり、ウッディ―の特徴は背中の紐を引っぱると内蔵されたレコードでカウボーイトークをします。

そのウッディ―の所有者アンディ―少年は、ウッディ―がお気に入りでアンディ―は、ウッディ―を主役としていろいろなおもちゃでカウボーイごっこををして遊んでいました。

しかし、このウッディ―達には普通のおもちゃにはない秘密がありました。

実は、このおもちゃ達は生きていて人間のように話したりする事も行動する事もできます。

しかし、その秘密を人間に知られてはいけなくウッディ―達はアンディ―にその秘密をばらさないように過ごしていました。(ここがもどかしいところ)

そして、アンディ―の誕生日をむかえ新しいおもちゃが仲間入りする事になり、ウッディ―達はこれから一緒に生活する事になるおもちゃがどんなおもちゃなのかを気にしていました。

そこで現れたのは最新の宇宙ヒーロー、バズ・ライトイヤーというおもちゃでした。

そのクオリティーの高さにアンディ―はバズに夢中になり、バズ自身も自分が本物のスペースレンジャーだと信じていました。

ウッディ―は、バズがアンディ―のお気に入りになった事が気に入らなくバズに対して、いろいろと言いました。

その結果、バズは本物のスペースレンジャーの証明をするために空を飛んでみせました。(運よく飛んでいるように見えただけで本当は飛べてないし、本人もその時目を瞑っていたため、気づいてはいない)


その光景を見たウッディ―以外のおもちゃ達は、バズに心を奪われてしまいました。

そんな中アンディ―家が引っ越す事が決まり騒動の最中、ウッディ―はバズに軽いいたずらをするがハプニングが重なった事でバズはアンディ―の部屋の窓から、落下するという事故が起こってしまいました。

その事で、ウッディ―以外のおもちゃ達はウッディ―が「アンディ―のお気に入りになったバズを面白く思っていないから」落としたのだと勘違いをし始めます。


その一方で、ウッディ―はアンディ―(両親もいる)と一緒に車でピザ・プラネットというレストランに連れて行かれる途中、二人を追いかけてきた(ウッディ―とアンディ―の事)バズに会って喧嘩となるうち、ガソリンスタンドでアンディ―とはぐれてしまいます。


アンディ―を追う二人だったが、「おもちゃ殺し」と言われている近所に住むシド少年に見つかりそのまま連れ去られてしまいます。

シドの部屋に閉じ込められたウッディ―とバズは、すぐに引っ越しをしてしまうアンディ―家へ帰ろうとします。

しかし、バズはテレビに流れていたCMで自身の正体を知り、落ち込んでる中でシドがバズにロケット花火をつけ爆発しようとしていました。

それを見たウッディ―は、シドのおもちゃたちの力を借りてバズを救出する事に成功しました。

しかし、アンディ―家が乗っている車やアンディ―のおもちゃ達を乗せた引っ越しトラックが出発してしまいます。

ウッディ―とバズは、トラックを追いかけますが間に合わず、そんな時ウッディーがバズにシドによってつけられたロケット花火がある事を思い出します。

ロケット花火を利用してアンディ―家が乗っている車へ帰る事が出来ました。

その後、アンディ―家は引っ越し先でクリスマスを迎え、また新しいおもちゃ達が来て「自分達は捨てられないか」と心配していましたが、プレゼントの中身は子犬(バスター)でした。

この時からウッディ―とバズは、仲良くなり2人は親友となりました。

キャラクター紹介

・ウッディ―・・・アンディ―の一番のお気に入りのおもちゃでしたが、バズの登場により一時は

         そのポジションが危ぶまれていましたが最終的には元に戻りました。


・バズ・・・・・体に様々な機能がある発売されたばかりのおもちゃでアクションボタンを押した

        際に再生される「無限の彼方へ さあ行くぞ」が決めゼリフ。


・スリンキー・・胴体がばねになっていて、そこを活かして高い所から降りたり、相手を蛇のよう

        に相手の体をぐるぐる巻きに拘束できたりします。 

        おもちゃの中では最年長でウッディ―とは長い付き合いで、ウッディ―がバズを

        家の窓から落とした疑惑があった時に、途中までウッディ―を信用していました


・レックス・・見た目とは裏腹に臆病で、初めはスリンキーやボーと一緒にウッディ―を信用して

       いましたけど勘違いによってウッディ―との信頼を無くしますが、真相を知ると

       ウッディ―に謝りました。


・ミスターポテトヘッド・・・組み付けパーツ付のおもちゃで口が悪いです。 バズに嫉妬した

              ウッディ―を見下したが、真実を知り和解しました。 妻のミセス

              ポテトヘッドに出会うのが夢で最終的に実現しました。


・ハム・・・・貯金箱がついている豚のおもちゃでミスターポテトヘッドと同じくウッディ―を

       疑っていましたが、後で真相を知るとウッディ―を和解しました。


・ボー・・・・アンディ―のおもちゃの中で唯一の女性で最後までウッディ―を信じていて、真相

       を知り勘違いであった事実を他のおもちゃ達に伝えました。


・ミュータント トイ・・シドによって改造されたおもちゃ達でみんな不気味な見た目とは裏腹に

            思いやりがある性格で、終盤ではウッディ―に協力してシドを懲らしめ

            ました。


・アンディ― デービス・・ウッディー達おもちゃの持ち主でバズが来てからはウッディ―に一時

             関心をもたなくなりましたが、引っ越しの時には今までのように

             アンディ―の一番のお気に入りに戻りました。


・シド・フィリップス・・・おもちゃを改造したり、壊したりするからアンディ―のおもちゃ達

             から怖がられていました。 母親の前では良い子を演じています。

感想

トイ・ストーリー1は、バズが自分を本物のスペースレンジャーだと思っている時の感じや他のおもちゃ達とのやりとりが面白い所や、ウッディ―の頭の良さ・バズの高い身体能力・ウッディ―達おもちゃのチームプレーが凄い事・ウッディ―達おもちゃがシド少年を改心させた所・ウッディ―とバズが最終的に仲良くなった所が良かったです。


トイ・ストーリー2

1の時の終盤の時に親友となったウッディ―とバズは、いつものようにアンディ―少年に楽しく遊んでもらっていました。

今では、アンディ―の飼い犬(バスター)もおもちゃ達の友達であります。

ある日、ウッディ―の肩の糸がほつれて綿が出てしまい、それが理由でキャンプにウッディ―と一緒にいけなかったアンディ―は落ち込み、一人でキャンプに出かけますがウッディ―もまたアンディ―と一緒に行ってもらえなかった事に落ち込みました。


そんな時にヤード・セールで不要品を売る事になり、アンディ―も部屋から元々音が出ていたペンギンのおもちゃウィージーが売りに出される事になりました。

ウッディ―は綿が出てる体でバスターと共に、ウィージーを救出するように動きます。

しかし、入れ違いにウッディ―がヤード・セールの列に残されてしまいました。

しかもたまたまヤード・セールを見に来ていたおもちゃマニアでおもちゃ量販店トイ・バーン経営者アルに見つけられ、ウッディ―を奪ってしまいます。

アンディ―のおもちゃ達は、盗まれてしまったウッディ―を救出するべく動きました。

その一方で、アルの自宅に連れてこられたウッディ―は驚く秘密を知る事になります。

ウッディ―は、白黒テレビの時代には絶大な人気を誇り、カウボーイ・ドタバタ人形劇「ウッディ―のラウンドアップ」の主役で、プレミア物の数少ないキャラクターグッズでした。

アルの自宅でお転婆ガールのおもちゃ ジェシーそそっかしい金鉱掘り プロスペクターウッディ―・ジェシーの愛馬であるブルズアイと出会ったウッディ―は、自分のレアグッズとしての価値を自覚します。


そして、ウッディ―を加えた「ラウンドアップの仲間」は、もう少しで日本のおもちゃ博物館に売り渡され、永久的に保存されようとしています。

だが、ウッディ―はアンディ―が待っているから行けないと断りますが、ジェシー達は一緒でないと倉庫に逆戻りにされてしまう事をウッディ―に伝えて、ウッディ―は困ってしまいます。

翌日、ウッディ―はアルが家に呼んだおもちゃを治す職人に修復されて、新品同様になります。

嬉しそうなウッディ―にジェシーは自分の過去を話します。

ウッディ―と同じように持ち主(エミリー)に大切にされましたが、だんだんエミリーが大きくなってベッドの下に忘れ去られそのまま捨てられた後、ヤード・セールに売却された過去を話しました。


プロスペクターに至ってはおもちゃ屋で売れ残ってしまった事から心を閉ざしてしまいました。

そして、プロスペクターはウッディ―を説得します。

その言葉にウッディ―は同情して、自分も博物館に行くことを決めます。

その一方で、ウッディ―を助けに来たバズ達おもちゃはアルのトイ・バーンでウッディ―を探していました。

その途中でバズがニューバズ(トイ・バーンにあるバズのおもちゃの事)に捕まり、成り代わられてしまいました。

アンディ―のおもちゃ達は本物のバズと会います。

本物のバズはウッディ―に帰るように言いますが、「ラウンドアップの仲間を見捨てたくない」と言いその言葉を聞いたバズ達はウッディ―に愛想を尽かし、帰ってしまいます。

途方に暮れたウッディ―はビデオを見ると、そこに歌っている途中子供に抱きしめられている自分の姿がありました。

その様子を見たウッディ―が自分の間違いに気づき、ラウンドアップの仲間達と一緒に帰る事を決意しました。


しかし、プロスペクターは反対で誰よりも博物館に展示されている事を望んだ彼は、ウッディ―を強制的に箱に入れるとそのままアルに連れて行かれてしまいました。

バズ達おもちゃもエレベーターに乗ってウッディ―を追いますが、そこにはバズの天敵ザーグが待っていました。

ニューバズがザーグに苦戦を強いられているのをみたレックス(恐竜のおもちゃ)は、機転を利かせてザーグをエレベーターから突き落としてニューバズを助けました。

一方、バズ達おもちゃはもう少しのところでウッディ―を救出できずにいました。

バズ達は、近くにあった、ピザ・プラネットの車を運転して(アクセルやブレーキやハンドルなどそれぞれ役割分担して)追いかけようとしました。

なんとか飛行場に着いたバズ達おもちゃは飛行場内でウッディ―を探します。

ウッディ―を見つけたバズでしたが、プロスペクターに倒されてしまいその様子を見て怒ったウッディ―はプロスペクターに立ち向かうも逆にやられてしまって、おもちゃの修理職人に治してもらった腕に傷をつけられてしまいます。


プロスペクターはさらにウッディ―にツルハシを振り下ろそうとしますが、バズ達おもちゃの攻撃に怯んでバズに捕まってしまいました。

ウッディ―は、プロスペクターを女の子のリュックに入れてしまいました。

プロスペクターを追い払ったウッディ―達は、ブルズアイとジェシーを助けようとしますが間に合わずジェシーだけがエアカーゴの中へ行き、ウッディーとバズはブルズアイに乗りエアカーゴまで走って行きました。


ジェシーの入った箱は他の荷物と一緒に飛行機の中へ行き、ウッディ―も荷物に紛れて飛行機の中に入る事に成功しました。

ウッディ―はジェシーを発見して帰ろうとしますが、飛行機のドアは閉じてしまいました。

そして、色々な事がありウッディ―とジェシーは見事飛行機を降りる事に成功して、そのままアンディ―の家に帰って行きました。

アンディ―がキャンプから帰って来て、ウッディ―を心配していたアンディ―はウッディ―達おもちゃ(新しく仲間入りした)がいる事に喜びました。

プロスペクターによって破れたウッディ―の腕は、アンディ―によって治されました。

ただ困った事にピザ・プラネットのUFOキャッチャーの景品で3人組のエイリアン達までついて来てしまいました。(ミスターポテトヘッドというおもちゃに助けられたから)

ウッディ―はアンディーの将来を危惧していましたが、バズと共にアンディ―を見守る事にしました。

キャラクター紹介

・ジェシー・・・ヨーデルが得意でエミリーに捨てられた事が深いトラウマとなっている。

        喧嘩は強く、多くのケースでウッディ―に勝っている。


・ウィージー・・ペンギンのおもちゃで前から修理に出すつもりでしたが忘れられていました。

        終盤では、修理されて声も元の状態に戻って、その美声で歌いました。


・ミセスポテトヘッド・・ミスターポテトヘッドとは夫婦で、ミスターと同じでパーツの取り外し

            ができます。


・ブルズアイ・・・馬のおもちゃで人懐っこい性格で、特にウッディ―に懐いています。


・ニューバズ・・・バズの新作でベルト付きのおもちゃ。


・エイリアン・・・車から落ちそうになった所をポテトヘッドに救助され、ついていきミセスの

         発案でポテトヘッド夫妻の養子になりました。


・プロスペクター・・ぱっと見だといい老人だが、心の中では博物館での保管を望む冷酷な性格

          です。 最終的には別の女の子のリュックに入れられた。


・ザーグ・・・バズの天敵で(ゲームにも出てくる)イオンブラスターと呼ばれる光線銃を使いま

       す。(おもちゃではピンポン玉をつかう) 実は、ニューバズとザーグは親子

       だった事が判明し、最終的にはキャッチボールをして遊ぶほど仲良くなっていま

       した。


・アル・・・アルのトイ・バーンの店長で、ウッディ―を盗み売却しようとしたが終盤で

      ウッディ―達を失った事で業界をクビにされておもちゃの安売りセールをする事に

      なりました。

 

感想

トイ・ストーリー2は、ウッディ―達おもちゃのアンディ―や他のおもちゃに対しての思いやりが良かったですが、プロスペクターがジェシーとブルズアイみたいに人間を信用してくれれば、プロスペクターも「アンディ―やウッディ―達おもちゃの仲間になれたのにな」と思いました。


後、ジェシーが過去の話で元の持ち主に捨てられた事を言っていたシーン見て、私も小さい頃におもちゃを持っていて新しいおもちゃを買った時に、前にあるおもちゃを使わなくなった事があったので実際に生きているわけじゃないけど胸が締め付けられる思いでした。


トイ・ストーリー3

アンディーは、17歳になりまして大学に進学を控えていました。

大学の寮へ引っ越すのに際して、お気に入りのウッディ―を寮に持って行ってウッディ―以外のおもちゃを屋根裏部屋にしまう事を決めました。

しかし、ウッディ―以外のおもちゃがアンディーの母親(デイビス夫人)の間違いでごみに出されてしまいます。

屋根裏部屋行きのおもちゃ達は完全に捨てられたと思い込み、託児所へ寄付されるおもちゃ達の段ボールに入ります。


サニーサイド保育園(託児所)に着いたウッディ―以外のおもちゃ達は、その保育園にいたおもちゃ達に歓迎されこの保育園のボス的存在のロッツォ・ハグベア(くまのぬいぐるみ)から、サニーサイド保育園がいかに素晴らしい場所かを聞いて留まる事を決めます。


バズ達を説得するために同行していたウッディ―は、バズ達の決意が強い事を知り、落胆してサニーサイドを離れていきます。

だが、外出した時に4歳の少女ボニー・アンダーソンを拾われ、ウッディ―はボニーの家に行きボニーに遊んでもらい久々に遊んでもらった時の喜びを味わっていました。

その一方で、バズ達に割り当てられたのはおもちゃを乱暴に扱う子供達が集まるイモムシ組の部屋でした。


あまりにひどかったのでバズはロッツォにチョウチョ組の部屋へ移してくれるよう頼みます。

だが実は、サニーサイドのおもちゃ達はロッツォの恐怖支配にあい、新入りのほとんどはイモムシ組の部屋に行き数日で破壊され、捨てられていました。

ロッツォはアンディーの家へ帰ろうとするウッディ―とバズ以外のおもちゃ達を閉じ込んで、捕えたバズのリセットボタンを押して従えさせ、彼らを見張らせました。

ボニー家のおもちゃ達から、サニーサイドがロッツォによりおもちゃの刑務所状態になっている事を聞いたウッディ―は、仲間を救うために施設へ帰ります。


バズが抜けたジェシー達おもちゃと会ったウッディ―は、仲間達と一緒にサニーサイドからの脱出作戦をその日に実行します。

彼を連れ戻して逃げ道でありましたダスト・シュートに来たウッディ―達だが、もう少しの所でロッツォにばれてしまい、しかもウッディ―達やロッツォは失敗してごみ回集車に乗ってしまって、ごみ処理場に向かう事になりました。


そしてごみ処理場に着いて、ウッディ―達は動けなく困っていたロッツォを救助するも、ロッツォの裏切りの行動で焼却炉に落ちてしまいます。

しかし、脱出していた仲間達によって助けられます。

その一方で、ロッツォは人に捕まえられ回収車にくくり付けられます。

ウッディ―達は、ごみ回集車に乗りアンディー家へと帰り、ウッディ―達はそれぞれ大学の寮行きと屋根裏部屋行きの段ボールに入ります。

しかし、ウッディ―はバズ達と一緒にボニーのおもちゃになる事が一番いいやり方だと思い、ボニー家の住所を書いたふせんを屋根裏部屋行きの段ボールに貼ると、ウッディ―も段ボールに入ります。


ふせんを見たアンディーは決心してボニー家を訪問し、ボニーにアンディーの宝物であるおもちゃ達を紹介しながらあげると、ボニーと一緒に久しぶりにおもちゃ達と遊びます。

そして、おもちゃ達に感謝と別れを言ったアンディーは車を進めました。

離れるアンディーの車を見ながら、ウッディ―もアンディーに別れを告げました。

キャラクター紹介

・軍曹・・・緑色の小さな兵隊おもちゃでグリーン・アーミー・メンのリーダー。 トイ・ストー

      リー1・2では数十体いましたが、3では1の時の軍曹と落下兵2体の3体しかない

      アンディーに未練はないようで、冒頭でアンディーの自宅から去った。


・バービー・・アンディーの妹・モリ―のおもちゃで実際に存在するおもちゃ。 行動力があり、

       仲間のピンチには毅然として立ち向かう。 冒頭でモリ―に捨て

       れ、ケンと出会い恋に落ちる。


・チャックルズ・・ピエロのおもちゃでかつてはロッツォの仲間だったが、今のロッツォの事は

         快く思っていない。 昔は、ロッツォとビッグ・ベビーと一緒にサニー・

         サイドにいましたが、捨てられる前にボニーが修理してボニーの物となりま

         した。 前の持ち主であったデイジーのペンダントを現在も持っていて過去

         をいまだに引きずっていたが、エンドロールでボニーが描いた自分の絵を

         見た時は笑顔を見せました。


・ロッツォ バグベア・・長くサニーサイドにいるピンクのぬいぐるみで苺のにおいがするらし

            いです。 前の持ち主の少女デイジーに間違いで置いていかれてしま

            い、自力で帰りついたデイジーの自宅で新品のロッツォが可愛がられ

            ているのを見て以来、性格が変わってしまいます。 トイ・ストーリー

            3のウッディ―達の敵(ボス)であります。


・ビッグ ベビー・・身長40~50cmくらいの赤ちゃんのおもちゃでサニーサイドへ来る前

          からのロッツォの仲間。 片目のまぶたが常時半分閉じたままであるシー

          ンで発したママ(デイジー)しか喋らない。


・ケン・・・着せ替えおもちゃでロッツォの補佐する立場。 服をかなり持っていてバービーの

      彼氏として作られた実在するおもちゃで、サニーサイドに来たバービーと会い恋に

      落ちます。


・デイビス夫人・・アンディ―の母でおもちゃ達をごみに出してしまい、騒ぎの発端となります


・モリ― デイビス・・アンディ―の妹で10歳になりおもちゃよりもゲームに関心があります


・ボニー アンダーソン・・おもちゃ好きの少女で4歳になりごっこ遊びが好きで、おもちゃ達

             に高い演技力を認められています。 最後で重要な役割を果たす。


・デイジー・・・ロッツォ、ビッグ・ベビー、チャックルズの前の持ち主である少女である時3人

        をピクニックに連れて行った時に間違いで置いて行ってしまい、新品のロッツォ

        を買った事でロッツォの心を変化させてしまいます。

感想

トイ・ストーリー3は、物語の始まりの時から1・2と比べて悲しい感じなんですが、物語の途中でバズがリセットされて1の時の最初に戻った感じの時とかバズがスペイン語を話していたり、性格変わったりする所は面白かったです。


ロッツォは、2の時のプロスペクターみたいな最後になりましたね。

ただロッツォは、プロスペクターよりも悪質な事をしていたから、改心してほしいと思う気持ちはあるけどスッキリした気持ちの方が強かったです。

後、これは余談ですが3に出てくるごみ回集人で実は2に出てくる成長したシド・フィリップスだという事は知っていたでしょうか?

それとボニーの家に出てくるおもちゃの中にトトロがいました。

そして、最後のアンディ―とウッディ―達おもちゃ(特にウッディ―)の別れがトイ・ストーリーの中で一番悲しかったです。(アンディ―もはじめは、ウッディ―だけは連れて行こうとしていたから余計に)


しかし、誰しも出会いがあり別れがあるのだから受け入れなければいけないですね。

まとめ

1・2・3に共通して言える事ですがウッディ―達おもちゃは、本当は持ち主や人間にしゃべりたいであろう気持ちを抑えて(シドの時以外)普通のおもちゃとして接している所は凄いなと思います。(私だったら喋っているかも)


そして、エンドロールの時にNGシーンが入っている所とかも面白くて良いですね。(ラッシュアワーを思い出しました)

ここまで今までのトイ・ストーリー(1・2・3)の事を長々と書いてきましたが最後に今、私が知っているトイ・ストーリー4の情報を書いて終わりたいと思います。

トイ・ストーリー4

トイ・ストーリー4は、アメリカでは今年の6月21日に公開されていて、日本では今年の7月12日に公開予定になっています。(ここ一週間前くらいからテレビCMをやっているのをみかけます)

キャッチコピーは、「あなたはまだー本当のトイ・ストーリーを知らない。」みたいです。

ウッディ―とバズも勿論出ており、日本語吹き替え版はお馴染みの唐沢寿明さん(ウッディ―役)と所ジョージさん(バズ役)です。

どんな内容になるか今から楽しみです。










コメント

タイトルとURLをコピーしました