[ぬーべー]親しみがあり頼れる鵺野先生が妖怪達と戦うストーリー

アニメ


どうも!mecatです!


今回は、親しみがあり頼れる鵺野(ぬえの)先生が妖怪達と戦うストーリーの地獄先生ぬ~べ~について書きたい(紹介したい)と思います。


地獄先生ぬ~べ~は1990年代に少年ジャンプで連載された人気漫画で、アニメ化もされました。


ぬ~べ~には、妖怪が毎度の事登場するのでホラー要素が大きいのですがコミカルなシーンも多いので、子供・大人問わず楽しめる作品となっています。


ストーリーは、童守(どうもり)小学校の5年3組に赴任(ふにん)した鵺野鳴介(めいすけ)が、学校内、自分、子供達に憑(つ)いた妖怪達を時には言葉や説得で、時には実力行使で成仏や抹消していきます。


登場する子供達は、5年3組の立野(たての)広(ひろし)、稲葉(いなば)郷子(きょうこ)、栗田(くりた)まこと、木村克也(かつや)、細川美樹(みき)、晶(あきら)、白戸秀人(しろとしゅうと)、金田勝(かねだまさる)などがいます。

スポンサーリンク

ぬ~べ~の生徒達


広はサッカー部に所属してサッカーが得意ですが、スポーツ万能でもあります。


しかし勉強は、苦手でテストでクラスの中でも悪い点数を取っています。


1話目で妖怪に襲われてぬ~べ~に助けられて以来、ぬ~べ~の事を信頼するようになります


郷子は、広の事が好きな女の子(両想い)ですがクラスの生徒達と水泳をする回で金槌(かなづち)であった事で、水泳が得意な広にないがしろにされている時もあります。


あと、体型の事で悩んでいる(ふし)節もあります。


まことは、おかっぱ頭の背が低い少年で語尾(ごび)に「~なのだ」が口癖(くちぐせ)になっています。


克也は、登場初めは悪い事をしていましたが改心して行いを改めるようになりました。


悪事を働いた時も妹の事は何よりも大切にしている所など心優しい一面も持ち合わせています


美樹は、おしゃべりで自分が知っている情報を他人に言わずにはいられない性格をしています。


その事がきっかけで妖怪に狙われた回もありました。


あと美樹自身がろくろ首という妖怪になる回もあります。

主人公のぬ~べ~初め先生達


先生達は、ぬ~べ~、高橋律子先生、石川先生、校長先生、先生に化けている妖狐(ようこ)玉藻(たまも)先生などが登場します。


ぬ~べ~は、左手の手袋の下に鬼の手を持つおっちょこちょいで抜けている所がある先生ですが、生徒達を妖怪から助けるためだったら自分の命を賭けれるほどの気持ちがあります。


数々の妖怪の魔の手から救い出している事で、生徒からの信頼は厚いです。


ぬ~べ~が教師を目指す事になったきっかけは、自身が霊力が強いために妖怪に取り憑かれてしまった事で美奈子先生という1人の教師に助けてもらった事です。


その時の妖怪は鬼ではなかったのですが、ぬ~べ~を命賭けで救ってくれた事でぬ~べ~も同じような思いで、生徒達を救いたいと思うようになりました。


後に鬼と戦う時が来るのですが、その鬼が取り込んでいたのは美奈子先生でした。


普通に戦っていたのでは勝ち目がないので、左手に封印しようと思ったのですが封印したら美奈子先生を苦しめてしまう事から、すぐに決断できませんでした。


ですが、悩んだ挙句断腸(だんちょう)の思いで封印しました。


これがぬ~べ~の左手に鬼が宿った理由です。


しかし鬼は強力なので、左手だけで封印する事ができなく左腕と顏にも鬼の姿になっている回もあったり、生徒達を助けるために左手の鬼の力だけでなくそれ以上の鬼の力をあえて使用した回もあります。


ぬ~べ~の凄さは、霊力や鬼の力もありますが身体能力も高く鉄棒の大車輪(片手バージョンも)をしたり、水泳の大会で全国大会に出場しています。


律子先生は、ぬ~べ~の想い人でぬ~べ~からたびたびアプローチをされますが、なかなか上手くいかない事ばかりです。


律子先生自身は、ぬ~べ~の事を想っている部分はあったのですが途中まで進展はしなかったです。


しかし、妖怪の手からぬ~べ~に助けられてからぬ~べ~と両想いになりますが最終的には結ばれませんでした。


玉藻先生は、人ではなく妖狐という妖怪で初めはぬ~べ~や子供達の敵でしかなかったですが、ぬ~べ~の考え方に感化されて次第にぬ~べ~達に力を借してくれるようになります

一般的に聞いた事ある妖怪や聞いた事もない妖怪達が登場


妖怪は座敷童子(ざしきわらし)、ろくろ首などの一般的にも聞いた事があるものと、はたもんば、ダイダラボッチ、あかなめなども登場します。


妖怪の中で出場回数が多かったのが「ゆきめ」です。


ゆきめは、雪女で山に住んでいましたが数年前にぬ~べ~に助けられた事でぬ~べ~を好きになります。


途中までは律子先生が好きだった部分もあり、ぬ~べ~から相手にされていなかったですが、ぬ~べ~に対しての熱い気持ちが伝わり最終的に結ばれます


私は、ぬ~べ~を小学生くらいの時に観た記憶があります。


最近久し振りにぬ~べ~を観たのですが、観てとりわけ覚えていたのは、オープニングの「バリバリ最強No.1」やぬ~べ~、ゆきめ、はたもんば(笑)です。


妖怪の中でも特に印象的だったはたもんばが登場した時の回を覚えていました。


懐かしい気持ちで観ていた部分もあるのですが、多くは覚えていなかったので新鮮な気持ちの部分の方が大きかったです。


ぬ~べ~を観たい方は、31日間無料トライヤルとリトライキャンペーンで再度31日間無料で観れる下記のUーNEXTでどうぞ!

ぬ~べ~観るなら通常版以外に劇場版も観れるU-NEXT

本ページの情報は2020年6月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました