[ツボ押し]ほぼ無料+手間少々で体の不調を約1週間で取り除ける

健康

どうも!mecatです!

今回は、ほぼ無料+手間少々で体の不調を約1週間で取り除けるツボ押しについて書きたい(紹介したい)と思います。

スポンサーリンク

ツボは体の中で足裏が1番多くある


ツボは全身のあらゆる所に存在しますが主に足の裏に密集しています。

そのツボを押した時に痛みが生じる場合は体のどこかが悪くなっている証拠です。

痛みは強ければ強いほど症状が悪く、ツボ押しで痛みが消える時間も長くなる傾向にあります。


しかし私の経験上痛みが長引いても1日1時間~数時間を1週間くらい続けて行けば、痛みが消える事がほとんどです。


痛みがあまり無く短い時は1日数時間で消える事もあります。

さらにツボ押しだと薬代や治療費などの価格よりもかなり安く自分1人でも可能なので、金銭面的にも苦しい人でもできます


あとツボ押しは自然治癒力も向上するので一石何鳥にもなります。


ただ大病(自力で治せないような病気)になった時には効果が無いかもしれません。


私はこのツボ押しを10年くらい前から体に良いという事を聞いてからするようになりました。

体の調子が悪くなった時にする事が多いので毎日する必要もなく、その方法でも今の所大病になった事がありません。(最近足ツボをほぼ毎日するようになりましたが笑)


しかも私の場合、どういう風に押したら良いのか特別に勉強したり習わなくても体調が良くなったので、どんな人にでも効果があると思いますから試してみて下さい。


特に押し方などを調べずに無意識に押していましたが、せめて自分がどう押しているのか意識して観察してみたら手で押す時は、痛みがある部分を滑(すべ)らせながら押している事がわかりました。


正しい押し方が気になる人はしっかり調べた方が良いですが、そこまでしたくない場合はとりあえず私自身が試して効果があった上記の方法をすると良いと思います。


押す加減は自分が痛いと感じていれば効果があるので、自分が耐えれる範囲の力で押したら良いです。


押す時は、どの指や違う方法でも良いですが基本的に親指が押す方が効率的にできる部分が多い気がします。

足裏以外にもたくさんあるツボ


私が今までツボを押して痛みが確認された体の箇所は、顏、後頭部、耳、腕回り、手、膝回り、足首あたり、足の甲、足裏、足横などがあります。


上記で書いた部分はどれも左右にあります。

上半身


顔は耳に近い位置の頬骨(ほおぼね)や眉毛にツボがある事を確認しています。

ここのツボは顏にある不調によって痛みがでます。

後頭部は耳の後ろにある頭蓋骨の硬い部分にいくつかツボが存在しています。

耳は全体にもいくつかありますが特に耳の中の上部にある部分が良く痛みが発生しています。

あと耳にあるツボはそのまま押しても痛みが発生しますが、耳の上部と耳たぶ(下部)を手の指で縦に二つ折りをすると初めてする人の多くは痛みが発生すると思います。


できたらさらに二つ折りしている所に人差し指で押すと痛みも増しますが、より効果が高いです。

この時の持ち方は親指で耳たぶを中指から小指で耳の上部で持つとやりやすいと思います。

腕回りは、肘あたりにある前腕筋(手を握ると硬くなる部分)の近くや手首付近にツボが存在します。


1つ目は腕を曲げた時に腕の外側に線が出現するので、その線を押してみて下さい。

2つ目の手首付近は表(甲)&裏(ひら)にあり、しかも親指側の近くにあるツボや小指側の近くにあるツボなど多くあります。


特に私は手の平の親指側&小指側近くにあるツボが痛む事が多いです。

親指側&小指側近くでわかりづらかった時はその近くの手首の骨を押すと良いと思います。

手も手首同様手の平&甲にあります。

甲側には親指と人差し指の間(人差し指寄り)にある合谷(ごうこく)というツボがありますが、それ以外にも爪近くにある指拳の骨などにもあります。


合谷はツボの事をそこまで知らなくてもツボの中でも有名だったので知っていました。

しかし私はここにあるツボが痛む事が少ないorそこまでの痛みではない時が多く、爪近くにある指&拳の骨にあるツボの方が痛みます。


爪近くになるツボは爪の横(左右)に痛みが発生する事が多いです。

拳の骨は今まで親指から小指までの骨に痛みがある経験がありますが、主に人差し指と中指にあるツボが痛む事が多いです。


手の平側は合谷の位置と同じ所や5指のすぐ下にあるツボなどがあります。

合谷の位置と同じ所は甲側と手の平側に違いだけで位置は同じです。

5指のすぐ下は人差し指から小指までは同じような感じですが、親指の下は膨らみがある部分にあります。

下半身


膝回りは膝裏(1つ目)や膝の内側あたり(2つ目)にツボが存在します。

膝裏は中央ではなく外側にあるしこりがツボとなります。

膝の内側あたりは膝の高さのまま内側にあるツボやふくらはぎに近い膝下(1つ目の下)にあるツボがあります。


どちらも足に効果があるツボです。

足首あたりは足の内側に出ている骨回りに痛みが発生します。

ここにあるツボは喉(のど)などに効くので、今流行のコロナウイルスで心配している人には日頃からこのツボを押していたら効果があって病気にかかりにくくなるかもしれません


足の甲は指(1つ目)や親指と人差し指の間の下側(2つ目)にあるツボなどがあります。

指は手の時と同じように爪近くや指全体にあります。

ここにあるツボは痛みが発生していてもちゃんと押せていなく気づかない事が多々あります

ですから細かく押すと気づきやすいですから、できるだけそうするようにすると良いと思います。

2つ目は親指と人指し指の間にある所から下にいくと骨と骨の間にある筋肉があります。

この部分がツボになっていてこのツボを押す時は、指で押すよりも指を曲げた第2関節で押すとより奥に行き届いて痛みを確認しやすいです。


特に人差し指の第2関節が良いと思います。


足の裏は爪先(つまさき)から踵(かかと)までたくさんあります。

基本的に爪先~踵=人間の頭~お尻あたりに効果があると思って下さい。

上記で書いた体の部分は手(指)で押す方法だけでしたが、足の裏は足ツボ道具などでも刺激する事ができます。


足ツボ道具(イボがたくさんある)は高いものもあるかもしれませんが、今私が使用しているのはダイソーにあった100円で購入したものです。


高いものはそれ以上に効果があるかもしれませんが、100円で購入したものも効果は十分ありますので安心して下さい。


どうしてもお金をかけたくない人は家に中にある物やそれ以外にある物を使用する事でも足ツボは可能です。


私も今ある足ツボ道具が無い時に、ベッドの横にある直角になっている角を使用して足ツボをしている時がありました。


足ツボ道具ほどではないですが効果があるので試してみて下さい。


私が使用している方法としては、イボの上に両足(片足も可能)で乗る全体的に刺激するやり方(1つ目)や重心を傾けながら乗る(主に片足)部分的に刺激するやり方(2つ目)があります。


両足で乗る時は乗せたままにしていても良いですが、足踏みをしながらしても良いです。

片足で乗る時は乗せたままです。

片足で乗せる時は両足だと物足りない時に乗ります。

2つ目は気になる部分や1つ目で痛みが発生した部分を集中的に押したい時などにすると良いと思います。


1つ目でした方法では痛みがないのにこの方法では痛みが発生する事も結構ありますので、できれば両方共するようにして下さい


手で押す場合は他の体の部分よりも力がいるので、疲れやすく長く続かないかもしれません。


ですから疲れやすい人は短くてもいいのでしたり足ツボ道具に乗るだけでも良いです。

手で押す場合は力は足ツボ道具に乗るよりも劣っていますが細かく押せるので、細かく確認したい時は手で押すようにすると良いと思います。


足横は足首あたりの骨回りの下にその骨よりも小さく出てる骨の周りにツボが存在します。

ここも私が知る限り喉に効果があります

コメント

タイトルとURLをコピーしました