[パワプロ2011]アンドロメダ高校のオールB超~Aの作成法

ゲーム


どうも!mecatです!


今回はパワプロ2011のアンドロメダ高校のオールB超~A選手の作成法について書きたい(紹介したい)と思います。


パワフル高校&ときめき青春高校で書いた内容がアンドロメダ高校でも役に立つ部分があるので見といた方がいいかもしれません


前々回と前回で書いたパワフル高校&ときめき青春高校の続きとなります。

スポンサーリンク

オールB超~Aになるために「超特訓」を上手く活用する


練習試合や試合の日程は以下のようになっています。


練習試合  2年生10月4週(地区大会出場時は無し)

      3年生4月4週

       ”  5月4週


試合  秋の都道府県大会1回戦 2年生9月3週

       ”     2回戦  ” 9月4週

    地区大会    1回戦 2年生10月4週

    春の甲子園大会 1回戦 2年生3月2週

       ”     準決勝  ” 3月3週

       ”     決勝   ” 3月4週(棄権)

   夏の都道府県大会 1回戦 3年生7月2週

       ”     準決勝  ” 7月3週

       ”     決勝   ” 7月4週

   夏の甲子園大会  1回戦 3年生8月2週

       ”     準決勝  ” 8月3週

       ”     決勝   ” 8月4週


登場するキャラは矢部・大西・嵐丸&継承選手です。


アピールポイントは野手は「力を強く」で、投手は「変化球(どの球種でもいい)」を選択すると良いです。


アンドロメダ高校は「超特訓!」専用コマンドがあります。


初めに秋の都道府県大会でスタメン出場できるように武井田監督(ダイジョーブ博士)の評価を「イイデース。」まで上げます。


監督評価を「イイデース。」まで上げたらすぐに上げたい能力の練習に移るために、監督がいる所の練習を3回くらいした後に、1回1回評価を確認するようにしましょう。


評価はデータ→その他関係者を押せばわかります。


秋大会前に超特訓が1回使用できるので、この時は監督が練習にいたり監督評価が「イイデース。」になっていなくても使用するようにして下さい。


超特訓は1週を費やしますが指定した能力を高める事が可能です。(成否判定あり)


超特訓はたまに大西が手伝ってくれるなど成功確率が上がる時があり、使用すると次に使用するまで2ヶ月くらいかかります。


能力が高いほど成功確率が低くなるので、成功確率が高い+ある程度能力を上げた能力に対して使用するのがベストだと思います。


野手&投手共に球速と変化球以外はD(50~55)くらいがおすすめです。


球速139km/hで、変化球は2種類&総変化量3~5までが良いです。


超特訓が選択可能になってすぐに使用すると、3年生7月2~4週までに5、6回は回数できますので、できるだけ能力を上記まで上げてから使用するようにして下さい。


ただ能力が上記まで上がっていない状態で超特訓が選択できる時は、上記の能力に近い能力を選ぶようにすると良いです。


試合にスタメン出場できるようになってからは超特訓に間に合わせるように、野手は弾道とエラー回避以外の能力を1つずつD(50~55)まで能力を上げるように練習して下さい。(1つ余った場合はお好みの能力を)


投手は変化球を2、3回球速&コントロール&スタミナを1回ずつ超特訓するためにそれに合わせた練習をして下さい。


超特訓で上げる能力の順番は、野手はパワー>ミート>走力>肩力=守備力で、投手は変化球>球速=コントロール>スタミナにするようにしたら良いと思います。


2年生3月3週春の甲子園大会の準決勝で勝利した後にダイジョーブ博士が2年生3月4週以降に出現する時があります。


その時はパワフル高校&ときめき青春高校よりも「とにかく野球がうまくなりたい」を選択した時の成功確率が高くなっているので、選ぶ方が良いと思います。

試合で活躍しやすくするための方法


パワプロ2011の試合は打者の時キャッチャーミットが表示されないので、投手が投球するまではどのコースに投げてくるかわかりづらくなっています


ですからストライクゾーンギリギリに投げてくるストレートはミートカーソル(強振)を中央に置いている状態でも間に合わない時がままあります。


そこで対応しやすくする方法としては3つほどあるので、この事で困っていてどうしたらいいかわからない人はこの3つを試してみて下さい。


1.オプションにあるミートカーソルゲージスピードを速くする(加減はお好みで)


2.身長を低くする


3.ミートカーソルをミート打ちで打つ


1つ目は、ミートカーソルゲージスピードを速くする事でコースがあらかじめわかっていなく、コースギリギリで1番球速が速いストレートでも当てる事が可能になります。


私的にはややはやいがおすすめです。


2つ目はドラフト入りするまでは身長測定イベントや本を入手しないとできませんが、ドラフト入りした後だと必ず設定できます。


身長を低くするメリットは野手にあります。


身長を低くするとストライクゾーンが小さくなるので、投手が投球した後にミートカーソル(強振でもを動かしても十分に間に合い有利になれます


投手は、ストライクゾーンが小さくなると投球範囲が狭くなるので不利になります。


野手作成時に身長測定イベントがある時や本を入手した時に、身長を低くすると良いです。


3つ目はミートカーソルを大きくした状態だとタイミングさえあれば、とりあえず当てる事はできるので、困った時はそうしてみても良いと思います。


投手の時は投球する前に相手打者がミートカーソルを動かすので、動かしたミートカーソルとは違うコースに投球すると抑えやすくなります


できれば打者のミートカーソルから最も遠い位置で球種はストレートにするとより良いと思います。(全てではないですが)


この記事で書いた方法で作成した選手はこちらになっています。


田中 投手 オーバースロー109 右投右打  球速149km/h 

   コントロールA(80) スタミナA(80)

   変化球 Vスライダー5・スライダー6

   特殊能力 勝ち運・闘志・リリース○・打たれ強さ4・フルカウント○・

        テンポ○


武山(たけやま) 投手 オーバースロー103 右投右打  球速140km/h

         コントロールA(80) スタミナA(80)

         変化球 フォーク4・ドロップカーブ3

         特能 ジャイロボール・奪三振・闘志・リリース○・体当り・

            対左打者2


内藤(ないとう) 捕手 オリジナル2 右投左打  弾道3 

         ミートB(70) パワーB(76) 走力A(82)

         肩力B(75) 守備力B(70) エラー回避B(72)

         特能 いぶし銀・逆境○・キャッチャー◎・体当り・チャンス2


以上で終わりたいと思います。


まだパワプロ2011をプレイしてない人などは、購入して試してみて下さい。


今ならゲオオンラインストアだと単品1000円超で購入できます。


他の品物も含めて2000円以上購入すれば送料無料となるので、まとめて購入すればお得です。


パワプロ2011の購入したい方は下記からとなります。

【ゲオオンラインストア】

コメント

タイトルとURLをコピーしました