[パワプロ2013]サクセスでオールAデッキ&攻略法!

ゲーム


どうも!こんにちはmecatです!


「何回もプレイしているけど、なかなかオールAまでいけない」や「どのイベントデッキだったら、オールAまでいけるかわからない」や「サクサクセスでもオールA作りたいけど、難しいな」などと悩んでいる人もいるのではないかと思います。

そこで、今回はサクセスでオールAになるためのデッキ&攻略法のパワプロ2013について書きたい(紹介したい)と思います。


パワプロ2013はPS3&PSP&PSVitaで発売されたスポーツゲームです。

スポンサーリンク

オールAになるための進め方

2013のサクセスは高校編のサクセス1つとサクサクセス1つで構成されています。

通常のサクセスは投手&野手共にオールAになる事ができましたが、サクサクセスでは投手はできましたが野手は難しくできませんでした。(天才選手含めて)



サクセスは私立パワフル学園の1つとなります。

私立パワフル学園は2年生からスタートし、約1年間でプロ入りを目指します。

登場するキャラは矢部、佐久間、木崎、猪狩守で継承選手はいないですが、イベントデッキシステムがあります。


イベントデッキは初め2枚しか選択できませんが、選手をクリアしていく毎に1枚ずつ増え最大5枚まで選択できるようになっています。


選択できるイベントキャラ(イベキャラ)は、毎回ランダムで変更するので気にいらない場合は名前入力画面に戻れば、デッキを変える事ができます。


この時の選択もオールAになるためには重要になってきます

イベキャラはコマンド入力前にある前イベント(前イベ)やコマンド入力後にある後イベント(後イベ)があります。


デッキに組めるのが5枚だったら、多くのイベントを発生させるためには基本的に前3&後2、前2&後3がベストだと思いますが、そうしなくてもオールAは作成できるので絶対ではないです。


前後のイベキャラについて書いときます。(確認した時点)


前イベキャラ   (投手)青葉・阿畑・佐助・城山


         (野手)猪狩(進)・小次郎・駒坂・佐久間・ザンス・滝本・

             田中山・茶来・矢部


         (その他)太田・加藤理香・ダイジョーブ博士・矢部徳子


後イベキャラ   (投手)嵐丸・猪狩(守)・半蔵・松倉


         (野手)木崎・鮫島・九十九・番堂・福家・武蔵


         (彼女)紺野・姫野カレン


         (その他)ガンダー・ゲドーくん   


またイベキャラはレア度があり、N<R<SRの順に高いです。

練習での経験点はスペシャルタッグトレーニング(スぺタグ)が1番入手できるので、より早くより多くスぺタグになるようにすると良いです。


そのために投手&野手共にイベキャラが多くいる所の練習をすると良いです。

スぺタグは、イベキャラの評価を☆5にすれば特別なイベントがなくてもそのキャラが得意練習(得練)にきていれば発生します。


この時にできるだけ無駄を省くために、イベキャラの評価を確認して☆5になったらまだ☆5になっていない他のイベキャラを☆5にすれば良いと思います。


スぺタグできるようになったら、スぺタグできるイベキャラ>☆5になっていないイベキャラ>それ以外の順にしたら良いです。


監督評価は☆4以上になるとスタメン出場できるので、できれば練習試合(2年生2月3週)までそれが駄目だったら最後の夏大会(3年生7月1週)までには☆4以上にして下さい。


スカウト評価は☆3以上でドラフト6位までに入れるので、試合で活躍やイベントや練習(ランダムで現れる)最後の夏大会前までに上げていれば良いと思います。


またドラフトで1位になってもポイントが入らないので、スカウト評価は☆3にして必要な事に費やすようにして下さい。


体力回復する時は、基本的に精神ポイントがオールAに必要だと思う分(おおまかでもいい)だけメンタルをし、ある場合は休むを選択するようにして下さい。


最後の夏大会は、1回戦 3年生7月1週   決勝 3年生7月3週


甲子園     1回戦 3年生8月1週   決勝 3年生8月2週


となっています。

試合は野手の場合、弾道2以上とミート&パワーを優先的に上げると試合などで活躍しやすい事で多くの経験点を入手できるので先に上げるようにすると良いです。


投手の場合、スタミナ以外の能力を上げてから(ある程度は上げていい)最後にスタミナを上げるようにしたら良いと思います。

オールAになるためのデッキ組み合わせ


参考程度に私が作成したオールAになったデッキについて書いていきたいと思います。


投手   サイドスロー43   右投右打   球速145km/h 

     コントロール A(80)   スタミナ A(93)

     変化球   超スローボール・チェンジアップ4・スライダー4

     特殊能力 対ピンチ4・リリース○・打球反応○・勝ち運・対強打者○・

          チームプレイ○・クイック2


デッキ 猪狩(守)SR・松倉R・ガンダーR・青葉N・嵐丸N


投手で意識していたのが、オールAにするためだけではなく球速や変化球もある程度は上げたかったので、得練を球速系1枚&変化球2枚&スタミナ系1枚をデッキに入れるようにしていました。


ですからオールAに集中的にしたい場合は、変化させた方が良いかもしれません。


球速系の猪狩は球速やスタミナUPできるだけではなく、地方大会で敗退してもスカウトの評価が一定以上あれば、ドラフト入りできるメリットがありますので、操作に自信が無い人におすすめです。


変化球系の青葉と嵐丸は直接には変化球UPするために効果的ですが、技術ポイントも入るので球速やコントロールも上げれます。


松倉はスタミナ系で、直接スタミナを上げてくれます。

直接スタミナを上げる最大のメリットは能力を高めても、同じくらい上昇してくれる所です。


野手   捕手   振り子1   右投右打 

     弾道2  ミートA(80)  パワーA(80)

     走 A(80) 肩 A(80) 守 A(80) 捕球A(80)

     特殊能力 アベレージヒッター・逆境○・代打○・ヘッドスライディング・

          安定度4・体当たり・積極盗塁・チームプレイ○


デッキ 佐久間SR・九十九R・木崎R・鮫島R・ダイジョーブ博士R


打者で意識していたのが、得練が精神ポイント以外万遍(まんべん)なくポイントがもらえる肩力系を5枚中2枚は入れるようにしていた事です。


肩力系は他の得練よりもスぺタグ発生する確率が高いのもメリットです。(確認した限り)


特に九十九は体力回復イベントが多くあるので、イベキャラで出現したら入れるようにして下さい


佐久間と鮫島はレア度が高いので入れました。

レア度が高いと初期評価やイベント数やスぺタグの経験点が高くなるので、強い選手が作成しやすいです。


ダイジョーブ博士はRだとイベントの選択肢で「理論より実践」を選択すれば経験点がUPできて、SRだと「とにかく野球がうまくなりたい」を選択すると低い確率ですが成功すればRよりも効果が大きいです。


ですから確実に経験点UPさせたい時はRで、成功確率が低くてもより能力UPさせたい時はSRを選択すると良いと思います。

オールA作成するためにはランダムステージ出現が鍵を握る!?


サクサクセスはステージ5まであり、スタートする前に2つまでアイテムを持ちこめます。


進め方としては基本的にステージ3までは体力をあまり減らさずに水色パネルを踏むようにしてできるだけ体力回復パネル(緑)やシャッフルパネル(紫)を踏むようにします。


ステージを進行していくとランダムで特別ステージになる時があるので、その時は体力を多く消費しても水色パネルや宝箱パネルなどを踏むようにすると良いと思います。


通常のステージしか出現しない時は基本的に宝箱パネルはステージ3~5しか出現しないので(1からあればそれも含めて)、その時に踏むようにすると良いです。


投手作成する場合は上記の方法+変化球パネル(青色)をできるだけ踏むようにして下さい。


ここもサクセスの時と同じ考え方ですが、オールAのみならず球速や変化球もある程度高めたかったからしましたが、とりあえずオールAだけ求める場合はこの方法は無くても良いです。


このような方法で下記の選手を作成しました。


投手   オーバースロー127   右投右打   ステージ5クリア

   球速 147km/h  コントロール A(98)  スタミナ A(93)

   変化球   SFF3・カーブ3・Hスライダー1

   特殊能力   対ピンチ4


使用したアイテムは天才カード神龍カードです。


サクサクセスはサクセスほど安定して良い選手は作成できませんが、効果的な方法で回数をこなしていけば良い選手が作成できます。

少しでも参考になってくれれば、嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました